JP EN CN

RECRUIT

04.

INTERVIEW

Creative Studio

みんなで一緒に盛り上げる
イラストから広がるコミュニケーション

イラストレーター

菱川 加菜

Q1. 菱川さんの経歴と業務内容を教えて下さい

前職はブライダル関係の制作会社でカメラマンが撮ってきてくれた写真のレタッチやアルバム制作のレイアウト、パンフレットの制作などをしていました。

デジタルの作業以外に、写真の手切りなど、アナログの作業もありました。クリエイティブスタジオには2014年に入社して、最初はアバターサービスのイベント制作をするチームに所属していました。
売り上げを上げることを考えるというよりは、お客様の満足度を上げるイベントを制作していました。

その後、売り上げに繋がる、お客様に喜んでもらえるようなアイテムを考えるチームに移動しました。現在はアバターサービスを2本担当しています。1本はイラストを担当しているんですけれども、流行やお客様のニーズを反映するように制作しています。
もう一本の方では、データチェックなどの管理作業やお客様とのやりとりを担当しています。

Q2. クリエイティブスタジオに入って良かったことはなんですか?

まず会社の雰囲気がすごく良くて、意見の交換がやりやすいので自分の成長の幅が広がっていると思います。
自分の得意なイラストのテイストは決まっていたんですけれども、他の人のイラストを見る機会も増えるので、こういう書き方もあるのか、とか発見が多くて勉強になります。

いろんな人やいろんな案件と関わることができるので、自分が持っているスキルだけではできない経験をさせてもらっています。またイラスト制作だけでなく新卒の人材育成を担当させてもらったこともあって、描くこと以外のスキルも上がったように思います。

自分たちで作ったキャラクターを使って、いろんな媒体からイベントの告知したり、企画したアバターサービスのイベントに、チームのみんなで参加して遊んだり、ユーザーと一緒になって、みんなで楽しく働いています。

Q3. 人材育成を担当した時のことを聞かせて下さい

新卒で入ってきたメンバーは初めの3ヶ月で研修を受けるんですが、その間、私は1人の子を担当して、イラストレーターを教えたり、メールでのやり取りのマナーや私生活のアドバイスもしたり、講義以外のフォローをしました。

自分も知らなかったことに気づいて、教えるために調べたり、改めていろいろなことを学ぶ機会になりました。

Q4. 記憶に残っている成功体験はありますか?

イラストを担当しているアバターサービスのキャラクター運用もやらせて頂く機会があって、スタジオのメンバーと一緒にどうすればキャラクターを生かせるかを考えた企画が通って、今でも運用に関わらせて頂いているんですが、その企画がユーザーにも好評になっていて、今までいた既存のキャラクター達も活発に運用できるようになりました。

それまでしていなかったSNSでの運用など、みんなで考えた企画が、そのアバターサービス全体を盛り上げるきっかけになって、とても楽しかったです。今はユーザーとのイベントも担当させて頂いています。

Q5. どんな方に入ってきてほしいですか?

スキル面は特に求めることはないんですが、一緒にアバターサービスを好きになってくれて、どうやったらユーザーが喜んでくれるかな、とか、どういうのが人気になれるかな、とか、一緒に考えてくれる子がいいですね。

私自身も入社した時はPhotoshopしか使ったことがありませんでしたが、先輩達に教えて頂きながら仕事を進められるようになったので、Illustratorなどのソフトが使えなくても、イラストが描きたいという気持ちがあれば大丈夫なので、たくさんの方に応募して頂きたいです。

Creative Studio
mainimage

異業種からの挑戦
キャリアを生かすチームワーク

ゼネラルマネージャー

阿部 光晴

BAUHAUS Entertainment
mainimage

これからのゲーム業界を見据えて
変化に対応する力を創る

事業部長

石塚 雅也

05.

ENTRY

新卒採用・中途採用

3DCG未経験者から2DCG・3DCG経験者、新卒・第2新卒・マネジメント経験者まで幅広く募集しています。

各種お問い合わせ

ゲーム3DCG制作やソーシャルゲーム向けグラフィックデザイン制作受託のお問い合わせは、こちらからお受けしております。

採用情報

新卒からマネジメント経験者まで幅広く募集しております。ゲームの『キャラクター』や『背景』、『アニメーション』に興味のある方は、是非ご応募下さい!